トップページ会社案内リクルートお問合わせフォームリンク
 
▼Contents
土木・建築
ヒーローマンション
小型ごみ焼却炉、除染・解体事業
汚泥・汚水処理事業アスベスト除去処理事業
災害時トイレ事業
免震建築
医療福祉事業

汚泥・汚水処理事業
当社事業の特徴 ボンテラン工法とは盛土材活用事例緑化基盤材活用事例屋上緑化事業

ボンテラン工法とは

  日本混相流学会を核とした産学協同開発された固化改質処理工法で地球環境への負荷を大幅に低減した資源循環型構築に寄与する処理技術です。

工法の原理は汚泥汚水に故紙破砕物を混入して自由水を吸収した後、高分子材を少量混入することで土砂と故紙を架橋・吸着します。したがって脱水処理は行いません。

ボンテラン工法は国土交通省および静岡県の新工法新技術に認定登録されています。

ボンテラン処理工法の特徴

全ての環境基準をクリアした安全な添加剤を使用しています。

固化改質処理された土は即時ダンプ運搬が可能で仮置き場は必要としません。

処理作業に電力、給水排水等の施設は必要としません。

高含水比汚泥(含水比500%程度)を脱水処理することなく団粒固化します。

改質土は保水力、保肥力、軽量化、団粒化に優れ緑化基盤材に最適で特に屋上緑化土、ベランダ栽培土として有効です。

改質土は優れた強度特性を有し、ひび割れ、劣化等のない高耐久性土及び、軽量盛土材として最適です。
ボンテラン工法作業工程図

1.建設汚泥を貯水槽に投入
1.建設汚泥を貯水槽に投入
→ 2.故紙破砕物を投入、攪拌
2.故紙破砕物を投入、攪拌
↓
3.ボンテランP・ボンテランLを投入、攪拌
3.ボンテランP・ボンテランLを投入、攪拌
→ 4.ダンプトラックに積み込み
4.ダンプトラックに積み込み

▲TOP

※詳細な情報について詳しい内容については、詳細資料をご請求ください。。
 
トップページ
【本社】〒421-0112 静岡市駿河区東新田1丁目3番55号
TEL:054-259-1211FAX:054-259-1284
市川土木株式会社