トップページ会社案内リクルートお問合わせフォームリンク
 
▼Contents
土木・建築
ヒーローマンション
小型ごみ焼却炉、除染・解体事業
汚泥・汚水処理事業アスベスト除去処理事業
災害時トイレ事業
免震建築
医療福祉事業

汚泥・汚水処理事業
当社事業の特徴 ボンテラン工法とは盛土材活用事例緑化基盤材活用事例屋上緑化事業

屋上緑化事業

  ボンテラン工法による改質土は緑化基盤材に必要な『保水力』『保肥力』『軽量性』『団粒化』に優れ、植栽後の水補給は雨水のみでまかなえ、維持管理が大幅に低減されます。

屋上緑化土(人工軽量土壌)の性能比較

- 搬入時重量
(t/cm3
湿潤時重量
(比重)
pH(H2O) 陽イオン交換容量
CEC
(me/100g)
(cmol(+)/kg)
有効水分量
pF1.5〜3.8
リットル/m3
目安 透水係数
(cm/sec)
浄水汚泥
ボンテラン土
0.16 0.68 6.7 25.6 324
4.7*10−1
建設汚泥
ボンテラン土
0.55 1.00 7.6 30.8 (36.3%) - -
人工土壌A 0.10 0.60 6.3 - 147
(pf1.8〜3.0)
標準 2.2*10-2
人工土壌B 0.22 0.57 7.2 4.4 172
(pf1.8〜3.0)
標準 1.7*10-2
人工土壌C 0.26 0.58 7.4 - 256
(pf1.8〜3.0)
2.8*10-2
人工土壌D 0.80 0.80 6.0〜7.0 - 100
(pf1.8〜3.0)
標準 1.0*10-2
人工土壌E - 0.82 6.8〜7.4 11.0 210 5.2*10-2
軽量土壌-1 - 0.80 - - 108 標準 -
軽量土壌-2 - 0.79 - - 149 標準 -
自然土壌
(参考)
- 1.60 - - 80 - -
規格・性能指針:国土交通省都市局公園緑地課、(財)都市緑化技術開発機構に準拠
建設工事発生汚泥の改質土は屋上緑化基盤材に最適です。
建設工事発生汚泥の改質土は屋上緑化基盤材に最適です

▲TOP

※詳細な情報について詳しい内容については、詳細資料をご請求ください。
 
トップページ
【本社】〒421-0112 静岡市駿河区東新田1丁目3番55号
TEL:054-259-1211FAX:054-259-1284
市川土木株式会社